オフィスの廊下

コラム

ホーム > コラム > 業界向けコラム > 温泉・温浴施設管理者必見!施設の大浴場を美しく保つ清掃方法

温泉・温浴施設管理者必見!施設の大浴場を美しく保つ清掃方法

コラム

この記事は、株式会社環境システム社が執筆しています。

株式会社環境システム社は、「10年先のキレイを保つ清掃品質」の徹底により、日本全国の数多くの温浴施設・病院・福祉施設・飲食店などの清掃業務を請け負っています。

温泉・温浴施設運営者の皆様へ

温泉や温浴施設において、日々の清掃で大浴場や脱衣場を清潔な状態に保ちつつ、定期的な清掃で施設全体の美観を維持する事は容易な事ではなく、清掃業務に頭を悩ませている経営者の方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、温泉・温浴施設の大浴場を清掃する際のポイントについて述べていきます。日常清掃と定期清掃、それぞれの特徴別に詳しい清掃方法について解説していますので、ぜひ読んでみてください。

温泉・温浴施設の大浴場を清掃する際のポイントとは?

繫忙期のピークが過ぎると、しばらくの間は「のんびり経営できる」という旅館・ホテルの宿泊施設スタッフの方も多いかもしれません。

しかし、繁閑に関係なく欠かすことができないのが、【大浴場のお掃除】です。時間に余裕があるからこそ、重点的な清掃ができるチャンスです!丁寧に隅々まで清潔を行い、清潔な状態を保ちましょう。

今回は、ホテルや旅館の関係者さんへ向けた、「浴室清掃のポイント」についてご紹介します。

大浴場の日常清掃と定期清掃について

大浴場の汚れは、日常清掃と定期清掃の2つの清掃で綺麗にしていきます。

それぞれの目的や、具体的な作業についてご紹介します。

温浴施設の日常清掃とは?

日常清掃とは、毎日限られた時間で行う簡単な掃除です。

清掃のおもな目的としては、利用者が気持ち良く施設を利用できるように清潔に保ち、衛生環境を維持する事です。

日常清掃の具体的な例としては、以下のような清掃作業が挙げられます。

  • 目立つ場所のゴミや汚れを取り除く
  • 浴場や洗い場を磨く
  • 鏡・テーブルなどを拭く

温浴施設の定期清掃とは?

定期清掃とは、普段の清掃では手が行き届かないところを集中して行う掃除です。

定期清掃のおもな目的としては、施設全体の美観を整える事や、老朽化などを防ぐ事です。清掃頻度としては、月に1回~数か月に1回など場所や状態によって事なります。

定期清掃の具体的な例としては、以下のような清掃作業が挙げられます。

  • 床のワックスがけ
  • ガラス清掃
  • ブラインド洗浄
  • 蛍光灯の掃除
  • グリストラップ
  • シャッター洗浄

日常清掃・定期清掃、それぞれのポイント

日常清掃と定期清掃のポイントと、汚れの種類ごとに推奨されている洗剤についてご紹介します。

日常清掃を行う際のポイント

日常清掃のポイントはヌメリ対策

日常清掃でとくに気になるのが、大浴場の床面のヌメリです。

ヌメリが発生する原因と対策は

温浴施設でぬめりが発生する原因は、シャンプーやボディーソープ、床清掃時の洗剤類による界面活性剤の残留などが考えられます。このようなヌメリには、酸性洗剤が有効です。

ヌメリを取るために適した清掃道具と薬剤

まずはアルカリ性洗剤で石けんカスなどを洗い落とし、その後、流水でよく洗い流します。
次に酸性洗剤の10倍希釈液を床へまき、約5分たってからデッキブラシなどでこすり、再度よく洗い流します。これで界面活性剤のヌメリを綺麗に除去する事ができます。

それでもヌメリが取れない場合は?
ヌメリはバクテリアの繁殖によって起こっている場合もあります。このようなときはアルカリ性洗剤が効果的ですので、状況に合わせて使い分けましょう。

大浴場の清掃時のコツ

鏡や洗面台、カラン、桶腰掛け、洗面器については、浴場用洗剤を含ませたスポンジで清掃をしましょう。浴槽の湯を抜いているタイミングで行うと効率的です。とくに鏡や洗面台は、毎日しっかり洗うことで、白いスケール(炭酸カルシウム)の付着を防止できます。

酸性洗剤とアルカリ性洗剤の有効性の違いについて

酸性洗剤が有効な汚れ

  • スケール(炭酸カルシウム)
  • 温泉に含まれるミネラルのサビ系である酸化鉄
  • 磁器タイルの床などで多く見られる黒い水垢
  • 石けん類に含まれる界面活性剤によるヌメリ

アルカリ性洗剤が有効な汚れ

  • ボディーソープやシャンプー、清掃時の洗剤のカス
  • カビ
  • バクテリア増殖によるヌメリ

定期清掃を行う際のポイント

大浴場は汚れの種類が多いため、日常清掃の他に徹底した定期清掃を行う必要があります。この場合も、アルカリ性と酸性の洗剤の使い分けが重要になってきます。汚れに合わせた洗剤を使って、効果的な清掃を行いましょう。

洗剤選びは重要

洗剤の使い方を誤ると、大浴場の中で使われている、いろいろな素材を傷めたり変色させたりします。このようなトラブルが発生し、修復ができなくなる可能性もありますので慎重に行いましょう。

薬剤の注意箇所

酸性の洗剤が使えない箇所

  • 大理石
  • 御影石
  • 鏡面仕上げ

強アルカリ性の洗剤が使えない箇所

  • アルミ素材

なお、アルミ・ステンレス・鉄といった金属類に使用してはいけない酸性洗剤もあります。清掃の際には、必ず確認してから掃除をしましょう。

温泉特有の頑固な汚れは専門家に任せるという手もあります

鉱泉や温泉のお湯を使う大浴場の場合、温泉成分が結晶化してしまい、普段の清掃ではなかなか落とせないことがあります。とくに硫黄や石灰華、遊離石灰、白華現象(エフロレッセンス)といった汚れは、とても頑固で、無理にブラシでこすると、タイルや浴槽の表面に傷をつけてしまいます。

このような場合は清掃の専門家に相談してみるのもよいでしょう。

大浴場を清潔なリラックス空間に

旅館やホテルに宿泊されるお客様にとって、大浴場は旅の疲れを癒す最大のリラックス空間です。

浴室が不衛生だとお客様の満足度も大幅に下がってしまいます。旅館やホテルの最大の魅力を醸し出せる空間にしたいですよね。

今回ご紹介したポイントを踏まえて適切な方法で清掃を行い、利用される方が気持ちよく過ごせる環境を整えていきましょう。

まずはお気軽に
お問い合わせください