温浴施設の鏡(ガラス)メンテナンス

ホーム > 温浴施設の鏡(ガラス)メンテナンス

温浴施設様のニーズに合わせて、浴場鏡をキレイに維持する方法をいくつかご提案させて頂いております!

1.鏡をメンテナンスする3つの方法

鏡メンテナンスをするには弊社では主に3種類の方法をご提案しております。それぞれのメンテナンス方法にはメリット・デメリットがあります。

3種類の方法とは、

①ミラーフィルム

②鏡交換

③鏡研磨

という3つの方法があります。以下にそれぞれのメリットとデメリットを記載いたします。

①ミラーフィルム

1枚 10,000円


メリット:万が一傷がついていてもミラーフィルムを剥がすことで、綺麗な鏡として使用できる

デメリット:明らかにシートであることがわかる

②鏡交換

1枚 15,000円


メリット:鏡交換で定期的にリニューアルすることで利用者様に好印象を与えられる

デメリット:価格が高くなる

③鏡研磨

1枚 4,000円


メリット:価格が一番安価に済む

デメリット:鏡に傷がある場合、傷の回復までは研磨では難しい

鏡(ガラス)のウロコ・水垢が蓄積する理由とは?

ホテルや温泉施設のガラス・鏡のウロコは、なぜ蓄積してしまうのでしょうか。日々多くの人が利用するホテルや温泉施設ならではのウロコや水垢汚れが蓄積する原因をご紹介します。

蓄積する原因は…マグネシウムやカルシウムなどの金属イオン化合物

一般家庭でも同様なのですが、基本的にホテルや温泉施設のウロコや水垢は、水道水などに含まれている「カルシウム」や「マグネシウム」などの金属イオン化合物がウロコ汚れの原因です。

一般家庭でも徐々に浸透してきましたが、これら物質のpH値は「アルカリ性」に該当します。

本来であれば「酸性成分」が含まれるクエン酸や専用洗剤を用いて、スポンジで擦り清掃することで、アルカリ性を打ち消す効果があり、ウロコは解消します。

しかし、それだけでは終わらないのが、強固なウロコや水垢なのです。

鏡・ガラス清掃の豆知識

ガラスや鏡の水垢の原因となる水道水のミネラル分の量は、ホテルや温泉施設の立地条件によっても異なります。

一般的には、山や川からの自然のミネラルが多い地域では、水垢は多めになりますし、ミネラルが少ない地域では水垢は少なくなります。施設の立地場所によっても水垢のできる量が異なってくるのですね。

どれくらいの頻度でメンテナンスが必要か?

【鏡メンテナンスの方法別】最適な施工頻度とは?

浴場の鏡メンテナンスの3つの方法を把握して頂きましたら、次にもう1つ大事なことがどれくらいの頻度で施工を行うか?ということがポイントになります。

①ミラーフィルム

1枚 10,000円


水垢のメンテナンスが薬剤で簡易的に行いやすい
※自社メンテナンスも可能

複数回の重ね貼り付けも可能

②鏡交換

1枚 15,000円


鏡交換をしても、定期的な水垢除去・メンテナンスは必要となり、その後の予算計画が必要

5年から10年に1度の施工を推奨

③鏡研磨

1枚 4,000円


研磨の頻度をあげることで1回あたりの単価が下げられる

大規模な浴場ですと枚数が50枚程度になる施設もあるため、安価と言ってもそれなりのボリュームと予算になる

私たち環境システム社ではミラーフィルムによる張り替えを
お勧めしています!

キレイな状態を長期間保つには?

お客様からすると鏡で顔を見られるのが当たり前という感覚がありつつも、全体の予算の中で鏡のメンテナンスに多くの予算を使うことを考えてらっしゃらないのが本音だと思います。

メンテナンスが安価に済むため、キレイな状態が保ちやすい

ミラーフィルムにするメリットは、薬剤に対しては通常の鏡でおこりやすい「くもり」が発生しないため、頻度は重要ですが、水垢除去が簡単になります。これがメンテナンスが安価になる理由です。

考え方として、施工費の予算取りができるかが重要になります。

そのため、確実に訪れる鏡交換が必要な時期で予算を確保できるため、ここでミラーフィルムの選択をします。

提供サービス一覧

画像クリックで詳細へ

日常清掃委託

清掃の人材採用から管理までを一括
他社には真似できない清掃のマニュアル化・教育・維持管理まで一括で行っております。清掃スタッフの労務管理の手間や面倒、煩わしさを軽減します。

画像クリックで詳細へ

エアコン清掃管理

年間メンテナンスの中で頻度が多いエアコン清掃
温浴施設様に合わせた清掃スケジュールやエアコンの状況など当社で管理表にして作成しております。メンテナンス時期が近づきましたら当社からご連絡いたしますので、管理の手間も省けます。

画像クリックで一覧へ

全国35店舗の清掃実績

温浴施設様の清掃の実績は長く、清掃に関しての幅広い知識と豊富な経験でお客様から支持されています。特に、蓄積型汚れを除去する作業からカビ・ヌメリ・タイルの黒ずみの除去なども得意としております。

画像クリックで詳細へ

様々な施設での特殊な汚れの清掃実績

常に施設内がキレイで快適に過ごせるよう、様々な温浴施設で除去清掃と向き合ってきました。基本は日常清掃のお付き合いの延長で調査・清掃をさせて頂いています。

温浴施設向けコラム

コラム
温浴施設のレジオネラ菌防止に関して
もっと見る
コラム
温浴施設の日常清掃は内製化か外注するべきか?それぞれのメリット・デメリット
もっと見る
コラム
清掃業界の人手不足はマニュアルで解決①
もっと見る
コラム
【温泉・温浴施設管理者必見】大浴場清掃時のガラスウロコや水垢の除去方法をご紹介
もっと見る
コラム
【温泉・温浴施設管理者必見】大浴場を美しく保つ清掃方法や清掃のコツ
もっと見る
資料

清掃診断を無料で承ります。

温浴施設専門の清掃会社として培ってきた独自のノウハウで現状の清掃の改善点をレポートにしてお渡しいたします。 その他エアコンカウンセリング・排水管高圧洗浄の無料診断も行っております。

値上がりした電気代を下げたい方へ

弊社では、値上がりした電気代を下げたいという業者様に向けて、エアコン電気料金の削減対策を行なっています。大掛かりな設置作業は不要なため、今すぐできる節電対策です。

資料

温浴施設専用・清掃完全マニュアル無料でお送りします。

温浴施設専門の清掃会社として培ってきた独自のノウハウが詰まった、温浴施設専用清掃マニュアルの資料を無料でお送りいたします。

まずはお気軽に
お問い合わせください