オフィスの廊下

コラム

ホーム > コラム > 温浴施設清掃 > 【温泉・温浴施設管理者必見】大浴場清掃時のガラスウロコや水垢の除去方法をご紹介

【温泉・温浴施設管理者必見】大浴場清掃時のガラスウロコや水垢の除去方法をご紹介

コラム

この記事は、株式会社環境システム社が執筆しています。

株式会社環境システム社は、「10年先のキレイを保つ清掃品質」の徹底により、日本全国の数多くの温浴施設・病院・福祉施設・飲食店などの清掃業務を請け負っています。

当社には、ホテルや温泉施設の管理者の方などから「浴室ガラスや鏡ウロコ除去をしてほしい」という清掃依頼を多く頂きます。

一生懸命に磨いても、鏡やガラスのウロコが落ちないことってありますよね。実は、ホテルや温泉施設のウロコは、一般家庭のウロコよりも強力に付着してしまう傾向があるのです。

ホテルや温泉施設のガラスや鏡のウロコは、施設を利用しているお客様からの評価に関わる部分ですから、いち早くなんとかしたいものです。

この記事では、なぜホテルや温泉施設のガラスや鏡のウロコが容易に落ちないのか、その原因と簡単にできるウロコ除去方法を「ガラスの主治医」として、ガラスの研磨・再生に長年の実績がある弊社が解説します。

ホテルや温泉施設のガラスウロコ・水垢はなぜ取りにくいのか

ホテルや温泉施設のガラス・鏡のウロコは、なぜこれほどまでに綺麗にならないのでしょうか。日々多くの人が利用するホテルや温泉施設ならではのウロコや水垢汚れの原因をご紹介します。

原因は…マグネシウムやカルシウムなどの金属イオン化合物

一般家庭でも同様なのですが、基本的にホテルや温泉施設のウロコや水垢は、水道水などに含まれている「カルシウム」や「マグネシウム」などの金属イオン化合物がウロコ汚れの原因です。

一般家庭でも徐々に浸透してきましたが、これら物質のpH値は「アルカリ性」に該当します。

本来であれば「酸性成分」が含まれるクエン酸や専用洗剤を用いて、スポンジで擦り清掃することで、アルカリ性を打ち消す効果があり、ウロコは解消します。

しかし、それだけでは終わらないのが、強固なウロコや水垢なのです。

ガラス清掃の豆知識

ガラスや鏡の水垢の原因となる水道水のミネラル分の量は、ホテルや温泉施設の立地条件によっても異なります。

一般的には、山や川からの自然のミネラルが多い地域では、水垢は多めになりますし、ミネラルが少ない地域では水垢は少なくなります。施設の立地場所によっても水垢のできる量が異なってくるのですね。

温泉成分がウロコや水垢をより強固にしている

通常、浴室のガラスや鏡のウロコ・水垢は、酸性成分であるクエン酸等で擦れば落ちることが多いです。しかし、多くのホテルや温泉施設では「クエン酸や専用洗剤でも落ちない」とお困りの場合が多いです。

実は、理由の1つに「温泉成分」が挙げられます。

カルシウムやマグネシウムなどの金属イオン化合物の汚れに、温泉成分が加わるとその性質が石並に硬いため、その状態で強い力を加えて磨いても、ガラス自体を傷つけてしまうのです。

ガラスに傷が入った状態で、さらにウロコや水垢が付着するため、いくら擦っても元通りの綺麗さには戻りません。

つまり、クエン酸や専用洗剤で擦ってもウロコの汚れが落ちない場合、温泉成分など別の原因を疑う必要があります。

多くの人が出入りする場所だからウロコが強固になる

温泉成分の他にも、温泉施設やホテルのガラスのウロコや水垢が落ちない原因があります。それは、多くの人間の体から付着した「皮脂汚れ」です。

皮脂汚れは、皮脂腺から分泌される脂のことで、中性脂肪や脂肪酸が含まれています。これらの脂が、水垢汚れに混ざり合い、より汚れを強固にしていると考えられています。

合わせて読みたい記事

温浴施設全体の清掃については、以下の記事でも詳しく解説しています。是非合わせてお読みください。

ガラスのウロコや水垢の除去方法を解説!

ホテルや温泉施設でのガラスの水垢やウロコについて、一体どうしたら良いのでしょうか。

ここでは、一般的な解決策として有効な「クエン酸」を用いたウロコ・水垢除去方法をご紹介します。

ウロコ・水垢除去に用意する物

ガラスや鏡のウロコ・水垢除去に用意するものは以下のとおりです。

  • クエン酸 (100円ショップ等で購入できるものでOK)
  • スポンジ(柔らかな物)
  • キッチンペーパー
  • ラップ
  • お風呂用中性洗剤

ガラスのウロコや水垢を除去する5つのステップ

ステップ1:スポンジで落ちる汚れを落とす

まず市販のお風呂用中性洗剤でスポンジを使って軽くガラスの汚れを落としましょう。
なお、 このときの注意点は、柔らかめのスポンジを使用 することです。

ステップ2:クエン酸水を作る

次に、クエン酸水を作りましょう。洗面器等に水200mlとクエン酸小さじ1の容量で混ぜ合わせてください。

ステップ3:クエン酸水とキッチンペーパーで汚れを浮かせる

キッチンペーパーにさきほど作ったクエン酸水を染み込ませて、ガラスや鏡のウロコが目立つ部分に貼り合わせます。キッチンペーパーを貼る際は、空気が入らないように密着させるのがポイントです。クエン酸水がウロコや水垢に十分に浸透することで、汚れが落ちやすい状態を作り出せます。

ステップ4:ラップでクエン酸水を浸透させる

次に、キッチンペーパーの上からラップを貼りましょう。ラップを貼ることで、クエン酸水の乾燥を防ぎ、水垢等の汚れにクエン酸水をより浸透させる狙いがあります。この状態で、1時間〜2時間は放置しましょう。

ステップ5:スポンジで汚れを磨き落とす

時間が経過したら、ラップとキッチンペーパーを剥がし、十分に水を含ませたスポンジでガラスを擦ります。水をたっぷりと含ませることで、スポンジで鏡面を傷つける心配が少なくなります。

メラミンスポンジはNG!

最近ではメラミンスポンジが市販されていますが、実はメラミンスポンジは研磨効果のあるスポンジで汚れを落とすよりも削り取る作用があります。

この観点から、メラミンスポンジを使用してしまうと鏡面を傷つけ、かえって傷が悪化するケースもあります。

メラミンスポンジの鏡面への使用は、リスクが大きく弊社ではおすすめしてません。

それでもウロコが落ちない場合は業者に依頼するのがおすすめ

ここまでご紹介したウロコ・水垢除去方法を駆使しても、汚れが取れない場合にはガラス再生・研磨を得意とする専門サービスに依頼をする方が、温泉施設の浴場のガラスや鏡を傷つけず安心です。

ガラスの水垢は、知識がない状態で行うとガラス表面に傷をつけてしまい、余計に汚れが広がります。

また、酸性洗剤を使用する際は、ガラスや鏡の表面を酸で焼いてしまう危険性もあります。

より確実にガラスの水垢やウロコを除去するためには、弊社が長年培ってきた「浴場清掃サービス」がおすすめです。

ガラスにおける傷の深さや、長さ状況等を踏まえて、ガラスにあった研磨方法を取り入れています。

弊社が取り扱っている溶剤は、素材に傷を付けず汚れだけを除去する特殊な溶剤を自社開発しており、新品状態のガラスの透明度を取り戻すことができます。

また、研磨再生後であっても水垢やウロコの再付着を防ぐために新世代コーティングを施工します。

自分でウロコ・水垢除去をしてみたけど、うまく取れないという場合は、是非1度、環境システム社へお電話ください。

当社の温浴施設向け各種サービス料金

日常清掃の価格の一例

愛知県の温浴施設様

清掃範囲浴場
清掃時間am5:00〜am7:30(開店前2時間30分)
清掃人数5人
月額60万円〜

岐阜県の温浴施設様

清掃範囲浴場・脱衣所・ロビースペース・岩盤フロア
清掃時間am2:00〜am4:30(閉店後2時間30分)
清掃人数9人
月額120万円〜

※地域や清掃内容によって価格が異なりますので、上記は一例です
※ご新規の場合、上記金額に加えて初期費用として2年間、月額5万円程度が加算されます。

定期清掃の価格の一例

温浴特殊清掃

カラン洗浄¥700/個
鏡スケール等除去清掃¥1,500/枚
高所換気扇洗浄¥15,000/個
配管つまり防止洗浄(床面排水口)¥650/個所
壁面カビ除去清掃(高圧)¥8,000/10㎡
高所壁面カビ除去清掃¥8,000/10㎡
浴場床滑り除去清掃¥1,000/10㎡
浴場床スリップ防止作業¥3,500/10㎡
浴場ガラススケール等除去清掃¥8,000/10㎡
石材メンテナンスご相談ください

エアコン清掃

天井埋込型4方向正方形タイプ23,000円
天井吊下げ型25,000円
天井埋込ダクト型31,000円
置き型タイプ25,000円
壁掛けタイプ(家庭用)13,000円
お掃除機能17,500円

※金額はいずれも税抜です

関連記事

コラム
【飲食店向け】厨房の排水溝がつまる原因と解消法を徹底解説
コラム
【飲食店向け】床の油汚れの落とし方3ステップと、床清掃に使えるアイテムご紹介
コラム
【飲食店向け】グリストラップからの悪臭!その原因と防止策を清掃のプロが徹底解説

まずはお気軽に
お問い合わせください