温浴施設専用清掃完全マニュアル

ホーム > 温浴施設専用清掃完全マニュアル

マニュアルで委託内容の見える化

POINT!

現在の清掃会社さんが清掃範囲を明確に答えることができますか?

それ聞かれて、業者が思うことが余計な清掃範囲を付け加えられたくないです。だから、ほとんどの会社が曖昧な返答になるのでしょう。

お客様が確認したかったという思いに対して、明確になっていないことが原因で、施設を良くするためのコミュニケーションがとれない結果となりがちです。

対して弊社は最終調整したマニュアルをお客様へ提出します

各セクションごとの作業内容がわかるため、

例えば 浴槽の清掃は○○と○○を行う
    ○○は清掃範囲 △△は清掃範囲外
と確認することが可能です。もちろん担当者に直接確認いただいてもかまいません。

清掃の見える化ができるマニュアル作成のながれ

1.清掃内容の基準書から店舗に合わせた大まかな組立て

清掃方法が明確になっている基準書がある

35店舗でのノウハウが蓄積した清掃の基準書には浴場・洗い場・ホールなどの清掃方法がまとめられています。この基準書からお問い合わせをいただいた施設様の清掃内容に合わせてを拾い出し大まかな組み合わせをします。

人員への割り振り

次にその清掃内容を実施するための必要人員を経験から予測し、各人員ごとの仕事に割り振りをしていき、清掃マニュアルのたたき台が完成します。

例えば全員で6人の作業メンバーとした際に、基準書で取り出された清掃内容をできる限り均等な仕事量で6人に割り振りを行い、1人ずつの大まかな清掃マニュアルを作成します。

2.実際の現場での最終調整(他社にはできない人員配置)

弊社が最重要と考える工程

1で作成したマニュアルはあくまで予測のものです。実際に清掃してみないと本当の時間・労力がわかりません。パソコンだけでつくっているマニュアルはどうしても清掃内容を盛り込み気味になってしまいます。この現地での最終調整はその後の清掃人材を集めることにも影響があるため、弊社のもっとも重要と考える工程です。

他社にはできない(清掃研修のための人材が何人いますか?)

例えば8人の清掃人員とした際

1人で研修をする 1日で2人ずつ5人で研修する 1日で8人から10人
4日で8人に1回4日で8-10人に4回

開店前清掃は清掃作業量に対して清掃時間が少ないため、作業人数が多くなります。そのため清掃研修も多くの人員が必要となります。開店前清掃は営業時間外のため早退か残業の必要もあります。様々な労務要素が絡んできます。

一度に理想の5人を本当に用意することが他の清掃会社・自社清掃の方に可能でしょうか

自社で作ってみる

実際のマニュアルを見て作ってみる
資料請求はこちらから

現状を確認(診断)

無料診断で今の状況を確認

下にスクロール
⇩⇩⇩

実績の確認

実際どこの施設をやっているのか
ご確認ください

無料診断で改善提案を提出させて頂きます

日常清掃の価格の一例

愛知県の温浴施設様

清掃範囲浴場
清掃時間am5:00〜am7:30(開店前2時間30分)
清掃人数5人
月額60万円〜

岐阜県の温浴施設様

清掃範囲浴場・脱衣所・ロビースペース・岩盤フロア
清掃時間am2:00〜am4:30(閉店後2時間30分)
清掃人数9人
月額120万円〜

※地域や清掃内容によって価格が異なりますので、上記は一例です
※ご新規の場合、上記金額に加えて初期費用として2年間、月額5万円程度が加算されます。

清掃事例をご確認ください

サービスメニュー

温浴施設向けサービス
もっと見る
病院・介護施設向け
サービス
もっと見る
飲食店向けサービス
もっと見る

まずはお気軽に
お問い合わせください