オフィスの廊下

コラム

ホーム > コラム > お掃除コラム > 自分でできる!! 天井型エアコンのフィルター掃除方法

自分でできる!! 天井型エアコンのフィルター掃除方法

お掃除コラム

天井埋め込みエアコンを掃除することは、電気代節約、汚れた空気からの健康被害対策だけでなく、エアコン自体の機能維持の面でとても重要です。

汚れがたまりやすいフィルターの清掃は、自分ですることができます。この記事では、自分で簡単にできるフィルター掃除の方法を紹介します。

また、ドレンパン、フィン、ファン部分の清掃に関しては、エアコンの解体、養生、高圧洗浄が必要になりますので業者に依頼しましょう!

そして、エアコン清掃専門業者に依頼した場合の気になる相場や、失敗しない選び方のポイントも解説していきます。

フィルターを自分で 掃除する方法とは…

天井埋め込みエアコン、業務用エアコンは、自分では掃除がしにくいのでは…と思う方も多くいるかもしれませんが、実はフィルターの掃除はとても簡単です。

 フィルターを取り外そう

【注意】天井埋め込みエアコンを掃除する際は、安全のために必ずブレーカーを落としてください。入れたまま作業して、漏電が起きたら、感電する危険があります。

フィルターを外すには、まず前面のパネルを開けます。

天井埋め込みエアコンの場合、多くがはめ込みタイプのパネルなので手で簡単に外せます。専用のリモコンでパネルを降ろすといったタイプもあります。

パネルを開けたら、フィルターに付着したホコリを優しく取り外します。事前に、ビニールシートなどを床に敷いておけば、付着していたホコリやゴミが落ちても安心です。

② 水洗いをしよう

フィルターに付着した大きなホコリは、ブラシで落としたり掃除機で取ったりして除去します。強い力で作業をして、フィルターを傷つけないように、優しく作業しましょう。

ホコリを取り除いたら、水洗いします。業務用エアコンのフィルターはサイズが大きく、作業がしにくいため、ホースの水が届くガレージなどで行いましょう。

狭い事務所内などでスペースがなく水洗いができない場合は、固く絞ったぬれ雑巾でフィルターを拭いてもOKです。フィルターに水分を含ませて、目に見えない小さなホコリや汚れを落とします。

③ 取り外した エアコン全面パネル・ルーバーを 掃除しよう

取り外した全面パネルは中性洗剤を噴霧して、スポンジ、ブラシで水洗いします。洗浄後は、必ずよく乾かしましょう。そして、パネル周り、ルーバー(風向板)も中性洗剤を薄めた液を含ませた雑巾で拭き、乾かしましょう。

 乾燥させて フィルターを戻す

水洗いして、きれいになったフィルターを元に戻せば作業終了です。ただし、ぬれたまま戻すのは禁物です。時間を掛けてフィルター内の水分を乾燥させます。

完全に乾かないまま戻して、エアコンを運転すると、本体内の湿度が上がり、カビの発生につながります。

ホコリを除去したフィルターは、本来の機能を発揮できるので、風量が落ちることもなく、運転効率が上がります。エアコンの機能維持のためにも、定期的なフィルター清掃をしましょう。

ドレンパン・フィン・ファンの掃除は、エアコン清掃専門業者に依頼しよう

  • 天井埋め込み型エアコンの解体掃除は、エアコン清掃専門業者に依頼しよう!

天井埋め込みエアコンの内部は、専門業者に依頼して掃除してもらいましょう。
エアコン洗浄スプレーや手持ちの高圧洗浄機を使って、自分で掃除をした場合、電気系統の故障や洗浄液を落としきれず、さらにカビを発生させることがあり、エアコン故障となります。

そして、エアコン内部で洗浄が必要なパーツは、ドレンパン、フィン、ファンになります。
ドレンパンは、結露水の受け皿となり、結露水をドレインホースへと流します。汚れた水がたまると、カビが発生し、悪臭の原因となります。

フィンは、熱交換器です。柔らかいアルミでできている場合が多いため、高圧洗浄機をあてることで変形させないようする必要があります。

ファンは風を作り、外に送り出す役割があります。取り外すことが可能ですので、洗浄剤を噴霧して汚れを取り除きます。

【解体クリーニングの作業手順】

 エアコンを解体する

エアコンの解体は、全ての電気系統の接続を切り離す必要があり、元に戻せなくなってしまうとエアコンが動かなくなります。小さなネジ一本もなくすことなく、元通りにしなくてはいけません。エアコンのメーカー、機種ごとに内部の作りが違うので、解体に慣れた業者にお任せするのが一番です。

② 養生をする

エアコン掃除で一番テクニックが必要になるのが、養生です。水滴や汚水が電気部品にかからないようにすることが重要です。

③ 洗浄液を噴霧する

汚れをしっかりと落とすことが重要なので、パーツごとに適した洗浄液を使用します。汚れ具合で、洗浄液を薄めて使います。

④ 高圧洗浄機で洗い流す

プロが使う高圧洗浄機で、フィンを傷つけることなく、汚れを落とします。洗浄液が残っていると、カビの原因になるため、リトマス紙などを使って、洗浄液が落ちていることを確認します。

⑤ 乾燥する

乾燥は特に重要な工程です。水分が残っていると、カビにつながります。フィン、ファン、フィルターなど、完全に乾燥させることが大切です。

⑥ 組み立てをする

最後に、解体した全てのパーツを元に戻します。試運転をして、フィンが回り、異音がないか、誤作動を起こさないか確認してから、作業を終えます。

解体から洗浄、最後の組み立てまで3~4時間程度かかかります。

天井埋め込みエアコンは 掃除すべきなのか?

天井埋め込みエアコンの掃除は、自分でやるにしても、業者に依頼するにしても、大変時間と手間のかかる作業です。しかし、天井埋め込みエアコンは定期的なクリーニングが必須な機械です。

汚れたままにしていると、エアコン運転効率の悪化や健康トラブルにつながります。

  • 汚れを放置すると 電気代に影響する

エアコンの汚れは、見た目だけの問題だけではありません。最も気になるのは、電気代が高額になることです。天井埋め込みエアコンも、掃除しないと汚れがたまります。

ホコリの流入を防ぐフィルターや吹き出し口は、よく汚れがたまる場所です。汚れが蓄積すると、風の通り道がふさがれるため、空気を送るのに通常よりも多くの電力が必要になり、電気代が高くなります。

そして、ファンが汚れると、風力が低下し、設定温度に達するまでの時間が長くかかるので、電力消費も多くなります。

  • 水漏れや カビの発生につながる

エアコンのフィルター内部の「ドレンパン」の清掃を長期間放置すると、カビや「ドレンスライム」と呼ばれるスライム状の汚れの塊が発生します。

カビや微生物は、水分や汚れの多い場所を好むので、水がたまりやすいドレンパンはそれらの格好のすみかです。

ドレンスライムは、放置するとドレンパンとつながっている「ドレン配管」をも詰まらせてしまいます。通常なら、水はドレン配管を通って、外に排出されます。しかし、汚れが詰まると水の行き場がなくなって逆流し、水漏れを起こす可能性もあります。

天井埋め込みエアコン掃除 のタイミングはいつ?

メンテナンスを行うのに最適な時期はいつでしょうか。ここではエアコン掃除のタイミングや、クリーニングをする判断基準について説明します。

  • シーズン前に 掃除をしよう

エアコンを掃除するのは、需要が本格化する春先や秋などのシーズンの直前が良いです。
前年の使用で、堆積したホコリや汚れを掃除しておくと、運転効率が良くなり、電気代も抑えられます。

業者に依頼する場合でも、シーズン前は混み合わないのでおすすめです。

大多数の人は、エアコンを本格的に使うようになってから、クリーニングを申し込むため、需要期は予約が取れずスケジュール調整が必要になります。

エアコンの掃除を業者に頼む時期は4~5月、9~10月が最適です。

  • エアコン掃除する 判断基準とは…

エアコンのクリーニングをすると良いサインは、数多くあります。特に分かりやすいのは悪臭です。エアコンから吹き出す風がカビ臭かったり、酸っぱい臭いなどがしたりしたら必ず掃除しましょう。

また、吹き出し口や本体の汚れが目立ち始めたら、掃除のタイミングです。放置すると、エアコンの風でホコリやカビが飛散して、部屋中に拡散してします。人やペットが、アレルギーを引き起こし健康障害になるので、なるべく早く除去しましょう。

そして、冷房や暖房の効きが悪くなるのも、エアコン掃除のサインです。リモコンで温度設定をしても冷えない、暖まらないような場合は、内部のフィルターにホコリや汚れがたまっているからです。

  • 掃除を業者に依頼する場合

自分で行うよりもより質の高いクリーニングを求めるなら、業者に依頼するのが得策です。エアコン掃除を依頼した場合の費用や時間、よい業者選びのポイントを解説します。

  • 費用や掃除時間はどの位か?

エアコンクリーニングの相場ですが、天井埋め込みエアコンの場合は2万5,000~4万円程度です。

一般的には、エアコンの吹き出し口の数が多いほど高額な傾向があります。業者によっては、複数台のエアコン清掃を依頼すると割引するキャンペーンを実施しています。費用を抑えたいなら、各社のホームページやチラシをチェックしてみましょう。

掃除の所要時間は、スタッフの技術力や台数、時期によって変わる可能性があるので、詳細は依頼した業者へ事前に確認しましょう。

業者を選ぶポイントは?

エアコン掃除を依頼するなら、複数の業者に見積もりを取って比較することが大切です。金額を見比べれば、適正な相場が分かりますし、高額な業者に頼む失敗も防げます。

掃除したいエアコンが「天井カセットエアコン」の場合は、特に注意が必要です。

業者によっては、壁掛けや天井埋め込みは対応可能でも、天井カセットエアコンの清掃は非対応のケースがあります。

まずはお気軽に
お問い合わせください